最新記事

結婚をすると女性は、家事や育児が生活の中心となります。
夫となる男性の収入だけで生活をやりくりしている家庭も多いでしょう。
扶養とは経済面において、夫婦が互いの生活ができるようにしていくものです。
男性が収入源であれば嫁を、女性が収入源であれば夫を、扶養していくことです。
結婚の手続きと同様に扶養の手続きをすることで配偶者の扶養が受けることができます。
待遇を受けることができるのは、社会保険料や税金です。
社会保険料は年間103万円以下の収入であれば配偶者の控除を受ける対象となります。
また税金は年間130万円未満の収入であれば、配偶者の対象を受けることができます。
社会保険の対象額は、配偶者の勤務先の企業によって金額が異なるので、知っておく必要があります。