最新記事

結婚するとなると結婚式の準備にはじまり、様々な手続きや引越し等あわただしくやることが沢山あります。
女性が専業主婦になる場合、扶養の手続きが必要となります。
そもそも扶養とは扶養控除と言い、納税者と生計を共にする親族がいる場合、所得を控除し、その結果税金が安くなるというものです。
妻の場合は、配偶者控除と言います。
まず、税金面では所得税や住民税において控除が受けられます。
また、これらの控除を受ける場合は、専業主婦は問題ありませんが、パートで働く場合には年収103万円以下の給料で控除を受けることができます。
いわゆる「103万円の壁」と言われるものです。
次に社会保険の面では、年金や健康保険があります。
年金制度には、サラリーマンや公務員の配偶者にあたる第3号被保険者があります。
これに該当すると、年金保険料を支払う必要はありません。
健康保険でも被扶養者になれば、保険料の負担はありません。
手続きの方法は、夫の勤務先に届けます。
また、夫が自営業者の場合は、国民年金と国民健康保険になりますので、家族分の保険料を納付します。