最新記事

私は結婚を機に退職して主人の扶養に入りました。
晩婚だったため周りはすでに子持ちのママばかり。
仕事ではお局様だったので部下のミスを助け、上司からの苦情を受け仕事はストレスのかたまりでした。
友人たちに会うと専業主婦の友人たちが羨ましいと常々感じてました。
結婚して主人の名字に変わったことが新鮮で嬉しかったです。
そして、主人の扶養に入ったことで自分の稼ぎではなく主人から守られているような感じがして幸せです。
しかし扶養に入ることは収入も少なくなります。
決して生活は楽ではありません。
専業主婦の友人たちを表面でしか見てなく大変さを感じてます。
今の生活に子供がいると経済的にも生活は大変です。
扶養の中でどう過ごすか、また働くか、今は主人との時間を大事に過ごしたいと考えています。